旅行や出張におすすめのUSB PD対応の4ポート急速充電器

NIMASO-PD-Charger(2)旅行グッズ

結論から言うと、『Nimaso USB Type-C対応 4ポート急速充電器』がコストパフォーマンスが高くおすすめです。

旅行や出張だけでなく普段使いにもとても便利ですよ。

Ankerはもう古い?

ちょっと前までUSB充電器やモバイルバッテリーといえばAnkerやAUKEYといった中国を中心にした海外の製品が圧倒的でした。

僕もAnkerの5ポート充電器やPowerCoreにはずいぶんとお世話になったものです。

しかし、USB PDという規格が登場するようになってから状況が大きく変わったような気がします。

PDは、Power Deliveryの略で、最大100Wの電源供給が可能となる規格。PD対応のスマートフォンやノートパソコン、モバイルバッテリーを従来の規格よりはるかに早いスピードで充電することが可能となる。特にノートパソコンを充電できるようになったのはインパクトが大きい。

きっかけは45w USB PDに対応したDellのXPS13というノートPCを買った事でした。

なにやらUSB Type Cポートが付いている、はてこれはなんぞや?

最初は「PD?なにそれおいしいの?」という感じでしたが、調べてみると高速充電できる上に大きく邪魔なPC専用アダプターの代わりになるという優れモノ。

僕はなるべく無駄を省いたシンプルな生活をしたいタイプなので早速購入を決意したものの、PD対応の充電器やモバイルバッテリーはそもそも選択肢が少なく、頼みのAnker製品も高額な上に微妙なスペック。

そんな中で燦然と輝く救世主、NIMASO、cheeroという耳にしたことのない謎のメーカー(失礼)の出現。

価格がAnkerなどと比べても安く、それでいてスペックは高い。

名前からして中国製だろうと思いましたし、白状すればごく最近まで中国のメーカーだと思っていました。

「Ankerじゃないしなー」とやや不安に思いつつ実際に使ってみると作りも品質も非常に良く大満足。

検索をかけるとどちらも日本のメーカーとのことで二度ビックリ。

NIMASO」は芝浦にある紅松株式会社のブランド、「cheero」は大阪に本社を置くティ・アール・エイ株式会社のブランドのようです。ホームページがしっかりしていて安心感がありますよね。

コストパフォーマンスが高いため気が付くとケーブルを含めバッテリー関係はNIMASOとcheeroの製品で統一されていました。

日本のメーカーのモノは品質こそ良いものの価格が高すぎ、最近は海外製のモノばかりになっていたのでこれは意外でした。

USB PD対応充電器の選び方

ザックリとですが、ちょっとややこしいUSB PD対応充電器の選び方を解説しておきます。

全部で4ポート以上

ノートPCを始め、スマホ、ワイヤレスイヤホン、モバイルバッテリー、マウス、Switchなどなど・・USBで充電する機器がどんどん増えています。

たとえ今使わないとしても4つの機器を同時に充電できる程度のモノを選んだ方がいいと思います。

といっても、ポートが多すぎると充電器も大きくなってしまい本末転倒。

4ポートから多くても5ポートあれば十分でしょう。

PD対応のポートが2個以上

他はともかく頻繁に使うノートPCとスマホは同時に充電したいですよね。

PD対応の大容量モバイルバッテリーなども考慮すると少なくとも2つのPD対応ポートが欲しいところです。

ワット数の表記に注意

たとえば「60w 4ポート PD対応」という表記でも、実は「4ポート合計で60wなだけで実際は30wしか出力しない」なんてモノもすごく多いです。

PD充電器はちょっと詐欺っぽいこんな表記が横行しています。

僕も釣られそうになったのですが、たとえば45wのXPS13は上記の機器では充電できません。

できたとしても充電スピードが遅すぎて利便性が悪い。

なので、表記の合計値だけに着目するのではなく自分の持っているPCやモバイルバッテリーなどのデバイスが実際に充電できるのかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

4ポート以上の充電器の場合、90wから100w以上の表記のモノを選ぶと安心ですね。

おすすめのUSB PD対応充電器

僕のおすすめは今のところ『Nimaso USB Type-C対応 4ポート急速充電器』一つだけです。

比較のため本当はいくつか候補をあげたいところなのですが、実際使ってみて「もうこれでいいんじゃないか?」となっちゃいました。

『Nimaso USB Type-C対応 4ポート急速充電器』がおすすめな理由

おすすめする理由としては、

  • 全部で4ポートあり、そのうち2ポートがUSB PDに対応している
  • PD対応ポートが60wと30wであり合計90wと十分な出力
  • 4ポートあるのにコンパクト
  • PD対応にしては充電中の発熱が少なめ
  • デザインが洗練されている
  • 縦置きも横置きもできる
  • 日本のメーカーでありPSE認証(電気用品安全法の適合検査)も取得している
  • 高機能であるにもかかわらず比較的安い(コスパ高し)

使っていて特に気に入ったのはコンパクトなことですね。

荷物を減らしたい旅行や出張で大活躍しました。

旅先で友人の家に泊めてもらった時にもノートPC、スマホ、モバイルバッテリー、ドローンのバッテリーを一気に全部充電できたのでとても便利でしたよ。

電源まわりがスッキリするので普段も使っています。

このブログも『Nimaso USB Type-C対応 4ポート急速充電器』を使って充電しつつXPS13で書いていますが、使用しながら問題なく充電できています。

MacBook Pro、MacBook AirなどほとんどのモバイルノートPCもこれで充電できます。

もちろんスマホやモバイルバッテリーなども同時に充電できますよ。

NIMASO-PD-Charger

PD対応にしてはスリムでコンパクト。340gとそこまで重くもありません。

デザインもシックでいいと思います。

NIMASO-PD-Charger(7)

付属品で縦置きが可能。

発熱対策にもなりますね。

NIMASO-PD-Charger(1)

60Wと30WのPD対応ポートが2個、Quick Charge3.0対応ポートが2個。

PCやスマホだけでなく大容量モバイルバッテリーなども余裕を持って充電できます。

『Nimaso USB Type-C対応 4ポート急速充電器』のデメリット

強いてあげると電源コードが長めです。

もちろん自宅では便利ですし、ホテルによってはコードが長い方がいいこともままあるので一概にダメだとは言い切れないのですが、旅行や出張では少し邪魔に感じました。

気になるという人は、別途「サンワサプライ 電源コード(2P・ストレートコネクタ) 0.2m KB-DM2S-02」を買うといいかもしれません。

NIMASO-PD-Charger(8)

まとめてもこんな感じ。持ち出すにはちょっと長めかな。

とはいえ、他にこれといった弱点が見当たらない完璧に近いUSB PD対応の充電器だと思います。

ただし、16インチのMac Book Proを持っている人は90w対応ポートのあるSatechi 108W Pro USB-C PD デスクトップ チャージャーも検討するべきです。

Satechiはアメリカのメーカーで品質は信頼できます。

ただ、旅行や出張にはちょっと大きく重すぎるかもしれませんね。

ちなみに、Nimasoでも16インチのMac Book Proの充電はできるようです。

注意点

PD対応のケーブルを使おう

見落としがちですが、充電器とデバイスがPDに対応していてもケーブルがPDに対応していないと全く意味がありません

ケーブルは色々ありますが、充電に使うだけなら『Nimaso USB Type C ケーブル 【PD対応 100W/5A急速充電】』が価格が安くおすすめです。

  • ケーブルが細いため取り回しが良い
  • 100wまで対応しているのでこの先も長く使える
  • 色を選べるため区別がしやすい
  • 価格が安い
  • 速度は遅めではあるもののデータのやり取りができる
  • 安心の日本メーカー

なお、ケーブルを使って大容量のデータをやり取りしたり外部ディスプレイを使用したりするという人はこちら『Nimaso USB C Type C ケーブル (Gen2)【100W/5A急速充電 USB3.1 PD対応 4K / 60Hz 映像出力】』も検討して下さい。

ただし、こちらは価格が高くケーブルも太くて取り回しもよくないので旅行や出張では邪魔になってしまうかもしれません。

通常の用途であれば『Nimaso USB Type C ケーブル 【PD対応 100W/5A急速充電】』でいいと思います。

僕も使っていますが、充電に問題はなくケーブルが細くて使いやすいです。

荷物を圧迫しないので旅行や出張では特に便利ですよ。

usb-pd-cable-100w-nimaso

画像では分かりにくいかもしれませんが、柔らかくて扱いやすいケーブルです。

置き場所に気を付けよう

PD対応の製品は多かれ少なかれ発熱をします。

充電器は特に熱を持ちやすいため、風通しの良い所に置くようにしましょう。

まとめ

USB PD対応の充電器を使えばPD対応のノートPCやスマホを高速で充電することができます。

Nimaso USB Type-C対応 4ポート急速充電器』であれば全部で4ポート、PD対応のポートが2個あり、高い出力で複数の機器の充電が同時にできて便利です。

日本のメーカーの充電器でありながら海外のメーカーと比べても価格が安く品質も申し分ありません。

邪魔になるノートPCのアダプターを持ち歩かずにすみ、充電器自体もスリムでコンパクト

僕も実際に使ってみて思いましたが、特に出張や旅行に最適です。

これ一つでノートPC、スマホ、モバイルバッテリーなどすべて充電できるため電源まわりがスッキリ普段使いでも非常に便利です。

USB PD対応の充電器で快適な充電ライフを送っていただければ幸いです。

USB PD対応のモバイルバッテリーについてはこちら

タイトルとURLをコピーしました